治そうメンタルSNS

SNS 体験談3

「治そうメンタルSNS」で人生が変わる!念願だった幸せな結婚を実現

【体験談】 Y子様 


私は幼少の頃から、いろいろと手際よくできなくて、
他の人よりもずいぶん時間がかかってしまい、
時間の感覚も周囲の人達とだいぶ違っていて、
学校や人との待ち合わせの時間にも遅れてばかりいました。


働くようになってもワケがわからず、失敗ばかりで
お客様や上司に怒鳴られることが多かったです。


うつ病になってメンタルクリニックに通うようになり、
涙ぐみながら働いていたのですが、ついには出勤できなくなりました。
気を取り直して面接に行ってまた働き始めても、同じことの繰り返しでした。


一緒に働いていた女性に、
「あなたは一生懸命やっているとか、一生懸命やっていないとか、
そういう問題ではなく本当に仕事ができないので、もう二度と働かない方がいい。」
と言われた時は、どうしたら良いのかわかりませんでした。


ある時、医師に「発達障害かもしれない」と言われ、
別の医師から発達障害の診断を受けました。
うつ状態がひどく、障害年金を受給することになり、何年も受給していました。


治そうメンタルSNSのことを知り、さっそく参加し、
久保先生に
「発達障害について、どのように考えたら良いのか。
今後どのようにすれば良いか。」、


メールカウンセリングで教えていただき、
SNS通信でもじっくり学んでいきました。


だんだん出かけることができるようになって、
自分に合った、予定通りに家を出る方法も見つかりました。


偏食もひどかったのですが、
食べ物の好き嫌いを直す方法も見つかりました。
今では、たいていの物を食べることができます。


久保先生に「働いて、障害年金から離れるように」
言われ(実際には、もっと長文でしたが)、
だいぶ時間が経ってしまいましたが、ようやく働く決心ができ、


仕事も見つかって、障害年金と全ての福祉から離れることができました。
久保先生に働く際の心構えを教えていただき、実行していったら、
仕事も早くこなせることが増えていき、
人間関係も上手くいくようになりました。


つい否定的、悲観的に考えてしまいがちでしたが、
治そうメンタルSNSに参加してから、
肯定的、建設的に考えることができるようになってきて、
何年も飲んでいた抗うつ剤や抗不安薬からも離れることができました。


昔は「何を考えてるのか、よくわからない人」といわれることもありましたが、
SNSに参加してから
「いつもニコニコしている人」
「すごくいい子」
と言われることが増えました。


結婚については、久保先生に
「結婚したいとは思うのですが、私は料理が全くできないし、
結婚相手を見つけるのは無理だと思います。
結婚できたとしても、家の中のことをきちんとできなくて、
怒られてばかりになりそうで心配です。」
とメールしたことがあるのですが、
この件に関しても、久保先生は詳しく説明してくださいました。


久保先生からのお返事を読んで、
「本当に、そんな人が見つかるのかしら?」
とも思いましたが、
「とにかく、久保先生の言うとうりにやってみよう」
と実行していったら、意外な人が男性を紹介してくれました。


紹介されてから、その男性と毎週二人で会うようになり、
結婚とか一緒に住むという話が出て、
ある時、料理に強い苦手意識を持っていることを彼に話しました。


「長いこと、料理から逃げていたんだけど、これからは料理を頑張ろうと思うんだ。」
と言ったら、彼は
「料理は結婚してから、ゆっくり覚えていけばいいから。」
と言ってくれました。


それから数ヶ月経ってから、結婚しました。
最初は私一人では、スーパーに買い物にすら行けませんでした。


だいぶ食べられるようにはなったのですが、偏食が酷かった時の名残でしょうか、
野菜や魚がズラリ並んだスーパーの食料品売り場が怖かったのです。
夫にお願いして、しばらくの間、仕事から帰ってきた夫と駅で待ち合わせて、
一緒にスーパーに買い物に行ってもらっていました。


料理を作ろうと台所に立つと、以前、料理を作っていた時の
母の罵声を思い出してしまい(手際よくできないので、怒鳴られていました)、
顔から大量に汗が出て、久保先生にまたメールで相談させていただきました。


それから少し経ってから、台所に立っても
顔から大量に汗が出ることはなくなりました。


料理を手際よく短時間で作れなくて、
夫が機嫌が悪くなったりしないか心配でしたが、その点も大丈夫でした。
作っている途中に夫が帰宅したら、
料理を作るのを夫はニコニコ笑顔で手伝ってくれます。


夫は料理以外にも、お願いすれば何でも手伝ってくれます。
私が「いろいろと時間かかっちゃって、ごめんね。いつもありがとうね。」
と言ったら、
夫は「つきあってた時から、わかってた。大丈夫だよ。」
と言ってくれました。


後で、
「『この人は、いろいろと時間がかかっちゃうんだな。』って、いつ頃気付いた?」
と夫に聞いてみたら、
「最初に二人で出かけた時。」
と言われました。


それでいて、つい最近、夫に言われたのですが、
私のことを病気だとか発達障害だと思ったことは一度もない、
とのことです。


結婚記念日は1年に2回あるのですが(入籍した日と結婚式の日)、
夫は両方とも素敵な花束を用意してくれて、
「結婚してくれてありがとう。」
と言ってくれました。


夫と知り合う前もそうですが、結婚してからも
久保先生には、男性に対してどのように接したら良いのか、
ずいぶん教えていただきました。


以前は男性との会話の仕方がわからなくて、
余計なことを言ってしまい、何人もの男性をムッとさせてしまったのですが、
SNSに参加してしばらく経ってからは、
男性が私と笑顔で会話してくれるようになりました。


治そうメンタルSNSに参加してから、私の人生はガラリと変わりました。
今後もSNSで学んでいき、人間としても女性としても魅力的であるよう、
そして人様のお役に立てるよう、精進努力していきます。
久保先生、ありがとうございました。



さあ、次はあなたの番です!こちらからどうぞ!

SNS 体験談3関連エントリー

SNS体験談2
あなたはいつまでも薬を飲み続けるつもりですか? うつ病、パニック障害、不安障害、などのメンタルの病気は、 心のコントロールを学ぶことで、改善できる可能性があります。

ホーム RSS購読 サイトマップ
会員制SNS申し込み 医師の診断と治療の秘密 御相談窓口 プロフィール 体験者からのお便り